皐月賞

ども、春になって少しだけ元気になってきたひろやんです。

 

桜花賞でのシゲルピンクダイヤ強襲にはびっくりしました。グランアレグリアはさすがの勝利でした。

 

さて、今日はクラシック1冠めの皐月賞ですね。「最も速い馬」はどの馬か、楽しみです。

 

予想に行きます。展開的にはガツガツ前に行く馬もいないので先行馬は多めですが平均ペースになりそうです。そして先行有利な中山コース。先行馬で競馬が上手そうな馬からいきたいと思います。

 

本命はアドマイヤマーズです。先行して抜け出す脚もあり、1番枠。そして並んだら抜かせない勝負根性も持ち合わせています。番手で折り合って直線抜け出し、勝負根性で粘りこんで欲しいです。

 

対抗はサートゥルナーリア。ホープフルSでは完勝の内容でした。私のイメージではしぶとい脚を使うタイプなので抜け出す脚の点でアドマイヤマーズにやや劣ると考えて2番手評価です。

 

単穴にヴェロックスです。こちらは今年に入って2000m戦を2戦2勝。中距離適正の高さを見せています。いずれも完勝の内容で底を見せていません。ひょっとしたら一発あるかも知れません。

 

あとはダノンキングリー、メイショウテンゲンまで印をつけたいと思います。