スプリングS

次にスプリングSです。

 

こちらもクラシックに繋がる大事なレースですね。ここからどんな馬が出てくるのか、楽しみです。

 

本命はゴーフォザサミット。共同通信杯では惜しかったですが、力があることは証明してくれました。

 

対抗はステルヴィオ。実績上位なので対抗です。休養明けという点で対抗評価です。

 

単穴にビックスモーキー。前走で力は見せてくれました。中山コースなら粘り込みがあっても不思議じゃありません。

 

あとはエポカドーロ、ルーカスまで印をつけたいと思います。