BD-2+LT-DIST

ども。予想通り、練習の成果が徐々に出始めてまたギターを弾くのが楽しくなってきているひろやんです。

 

今回は、スタジオや、録音する時のセッティングについて少し考えてみました。

 

恐らくスタジオに持っていく歪みはLT-DISTでしょう。クランチ辺りまでカバーしてくれるので。それに空間系でZOOMマルチ。

となるとあとはリードですね。ブースターを考えなければいけません。

 

現在所有しているのはアイバニーズTS9です。これは安定感ありますね。中音域を素直に上げてくれます。

 

実際に弾いて弾いてみた結果、まずまずです。

 

でももう一押し、キラッとした感じというかギラッとした感じというかそういうものが欲しい。。。

 

そこでBD-2の登場です!

 

BD-2のハイの出方は有名ですね!LT-DISTと組み合わせてみました!

 

BD-2の場合、レベルをフルにするとかなり音量が上がります。ブースターとして使えば、歪みの量も当然上がります。するとピッキングのニュアンスもつけづらくなり、好みじゃなくなってしまいます。

 

そこで、ゲインは勿論5時。レベルを11時に設定。トーンはBD-2のニュアンスが少しだけ出るように10時。

 

すると、LT-DISTのナチュラルな歪みにBD-2の持ち味の高音域が少しだけ上乗せされ、しかもリードで弾いてうるさくない位の音量に!しかもクリーンでの演奏時のクリーンブースターにもなりそうです。

 

セッティングには好みがありますが、個人的にこのセッティングで満足しました!

 

まあ、家の10Wのアンプなんでスタジオに行けばまた微調整や変更も有り得ると思いますが、たぶん使用するアンプはJCなんでこれでいけるでしょう!

 

持っているペダルは数少ないですが、そんな中でもこんなに楽しめるのかと改めてギターの楽しさを実感した一日でした。