BOSS BD-2

ども。毎日、少しずつですが、上達を実感しているひろやんです。

 

今日は歪み系で使用頻度が高い、BOSS BD-2の個人的な見解ですが、特徴を書きたいと思います。

 

BD‐2の良いところは何と言ってもクランチから軽いディストーションまで幅広くカバーしてくれる点です。

ピッキングニュアンスも出しやすく、ブルージーなソロから、ややハードロック寄りまでカバーしてくれます。

 

音質はというと、ややジャリジャリした感じも受けますが、トーンを抑えることによって、キツイハイをカットすると、意外にオールラウンダーです。

 

弾いてて気持ち良いのはやはりクランチか、それより少しだけゲインを上げた位が個人的には気に入ってます。

 

クランチの場合、コードバッキング、カッティングなどは弾いてて気持ち良いです。

 

リードの時は曲調に合わせてゲインを使い分けてます。

 

設定はトーンは10時位、ゲインは1時から3時位までが弾いてて気持ち良いです。

 

また、ブースターとしても使えるエフェクターなので初心者の方には嬉しいと思います。

 

価格もオールラウンダーの割に安いのでお勧めです。

 

長年付き合ってきた相棒なので大事にしています。

 

これからも練習に、録音にと活躍してもらいたいです。