東京大賞典

ども。昨日は危うく勝ちを逃すところでした(笑)

 

何とか馬券購入でき、単勝ですが取ることができました。

よかった、よかった。

 

さて今年も最後のG1競走ですね。

 

今年は馬券的には良い年でした。年間トータルでみると7、8か月分は回収できています。

12月に入っての追い上げが良かったですね。

 

では東京大賞典の予想と参りましょう!

 

ここはいつもの中央勢の先行独占の展開。その後にサウンドトゥルーが控えるいつものパターンです。

今回は個人的に思っている各馬の能力の差で決めていきたいと思います。

 

本命はインカンテーション。この馬は力はあります。しかしG1勝利にはまだ届いていません。ですが前走の走りは圧巻でした。いわゆる強い馬の強い競馬というものを見せられた感じです。個人的には7歳になって覚醒したんじゃないかと思っています。本命抜擢です。

 

対抗にサウンドトゥルー。ダート中距離戦線での戦績がこの馬の強さを物語っています。素晴らしい末脚を今回も見せてくれるでしょう。

 

単穴にコパノリッキー。JBCスプリントでは驚かされました。力づくで2着に来るなんてこの馬も素晴らしい馬です。

 

あとはケイティブレイブ、ミツバに流したいと思います。

 

単勝⑩

 

3連単

 

⑩→③→①⑫⑬

 

でいきたいと思います。