エリザベス女王杯

きましたね~。牝馬ナンバーワン決定戦、エリザベス女王杯!

好メンバーがそろってワクワクしてきますね!

 

さて、予想ですが、引っ張る馬もいますし、先行馬もそこそこ。平均ペースになりそうで全馬力を出し切れそうでコース的にも個々の能力勝負になりそうです。

 

本命はミッキークイーン。今まで牡馬一線級の相手に差の無い競馬をしてきており、宝塚記念ではあのサトノクラウンと0.3秒差。牡馬相手に揉まれてきた経験と実力を評価して本命です。休み明けですが鉄砲はきくので大丈夫だと思います。

 

対抗にヴィブロス。府中牝馬Sでは敗れはしたものの、タイム差無し。遠征帰りでこの内容は上出来だと思います。ドバイターフで世界の強豪を蹴散らした実力が見られるか注目です。ただ、国内の古馬戦線での実績面でミッキークイーンにやや劣るので対抗評価にしました。

 

単穴にオールカマー優勝で勢いに乗るルージュバック。素質は誰もが認めており、今回鞍上にムーア騎手を迎えて必勝態勢です。ゴール前で激闘を見せてくれそうです。

 

大穴に騎手が急遽変更になったスマートレイヤー。個人的にファンな(笑)クイーンズリング。あと、調教の映像で妙に迫力があり気になったトーセンビクトリーまで押さえたいと思います。

 

三連複

 

⑩⑯-③⑦⑫⑰

 

で勝負したいと思います。