凱旋門賞

さあ、ついに世界最強馬決定戦!凱旋門賞です。

日本からサトノダイヤモンド、ノブレス参戦で日本馬初の栄冠なるか!?注目ですが、予想は予想!(笑)冷静に行きたいと思います。

 

レース展開はややスローの馬群一団になるんしゃないかなと思います。やや前の馬有利といったところでしょうか。そこにヨーロッパの芝2400m、スピード、スタミナ、パワー、すべてを兼ねそろえた馬、

まさに世界最強馬を予想しなければいけません。

 

本命はやはりエネイブルです。何と言ってもキングジョージを牝馬ながら古馬をちぎって勝った現在でもはや歴史的名牝です。脚質も先行と勝つ要素しか見当たりません。

 

対抗に愛ダービー、英セントレジャー優勝馬カプリです。英セントレジャー優勝馬ということでスタミナ十分!愛ダービーで距離適性も問題無しですヨーロッパ競馬はスタミナが重要!と個人的に思っているので対抗にしました。

 

単穴にフランス2冠馬のブラムトです。追い込み脚質ながら、地元も理を生かして最後の直線で飛んできそうです。

 

あれ!?よくみたら3歳馬ばかりですね笑

 

まあ斤量の恩恵もあるのでこれで行きたいと思います。

 

3連単⑰→⑭↔⑮